膀胱炎の治療に乳酸菌の摂取を〜膀胱炎に掛からない体質に〜

 

膀胱炎とは細菌性の感染症で、膀胱に炎症を起こした症状の事を言います。

 

身体の構造上、女性が疾患することが多いとされ、女性の5人に1人は膀胱炎という報告があります。
また、再発しやすい病ということでも知られています。

 

症状としては以下の症状があります。
  • トイレに行く回数が増える
  • 排尿してもスッキリせず、残尿感が残る
  • 尿が白く濁る
  • 血尿が出る
  • 排尿後に膀胱に痛みが出る

 

また、膀胱炎が発症する要因としては以下があります。

  • 女性の体の構造上、尿道が男性と比べて短く、また、尿道口が肛門に近いため、細菌が膀胱に辿り着きやすく感染しやすくなる。
  • トイレを長時間我慢することで膀胱が伸びてしまったり長時間に渡って冷えるなどで、膀胱内の血液量が減り、細菌に対する防御力が弱まり、感染しやすくなる。

 

このような膀胱炎ですが、膀胱炎を放置していると、腎臓にまで感染し「腎盂腎炎」(じんうじんえん)という病気に進行します。

 

腎盂腎炎は、血尿や吐き気、白血球尿といった症状を始め、敗血症(血液に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気)や
播種性血管内凝固症候群(出血時に血が固まらない病気)といった症状も併発する非常に危険な病です。

 

上記のように、膀胱炎が進行すると腎臓にまで感染しますので、そうならないためにも膀胱炎が発症した場合は、しっかりと完治させることが必要になります。

 

では、膀胱炎にはどのような方法が効果的なのでしょうか?
それが「乳酸菌」の摂取になります。

 

膀胱炎は、膀胱内に大腸菌などの腸内悪玉菌が入り込み、抵抗力が弱まっている時に、感染してしまうことで発症します。
乳酸菌を摂取する事で、腸内の細菌を善玉菌で満たし、悪玉菌の絶対数を減らすことで、感染する事自体を防ぐことが出来ます。

 

膀胱炎は、病院で処方してもらった、抗生物質を飲むことで治療は可能ですが、その際に、腸内の善玉菌の数も減らしてしまいます。
ですので、治ったと思っても、腸内善玉菌が減っているので、膀胱炎にかかりやすい状況になり、再発してしまう可能性が高いのです。

 

まずは何よりも「膀胱炎にかかりにくい身体」に作り変える必要があります。

 

そのためには、ヨーグルトなどの乳酸菌製品や、乳酸菌サプリメントなどを継続摂取することが必要になります。
乳酸菌といっても多数の乳酸菌が存在し、効果もそれぞれありますが、膀胱炎には、体の免疫バランスを整える乳酸菌の摂取が最適です。

 

PL乳酸菌、LK-117乳酸菌、1073r1乳酸菌、ETF-2001乳酸菌etc...
これらの乳酸菌が配合されている、乳酸菌サプリメントやヨーグルト製品を摂取することで、免疫力が改善し、細菌に感染せず、膀胱炎にもかかりにくくなる身体へと改善していきます。

関連ページ

善玉菌と悪玉菌の種類
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などが住みついております。善玉菌とは?悪玉菌とは?腸内に生息する菌の種類を説明します。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合※理想は?
私たち人間の腸内には、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しています。割合的な理想を説明します。
腸内環境を整える薬
まずは手っ取り早くお薬でという方に、腸内環境を整えるお薬をご紹介します。
腸内環境を整える漢方をまだ知らないの?
悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるのに適した漢方薬を紹介します。
おならが臭いのは危険信号!乳酸菌で改善しよう!
最近おならの臭いが酷い!おならの回数が増えた気がするという方は要注意です!それは腸内環境が悪化している証拠です。
ビフィズス菌の効果的な増やし方
善玉菌の代表であるビフィズス菌を効果的に増やす方法をお伝えいたします。
ガンの治療にも利用されているR-1乳酸菌とは
他の免疫細胞と比べて外敵を攻撃する効果も高く、ガンの治療にも利用されているというR-1乳酸菌の効果について綴ります。
インフルエンザに効果がある乳酸菌をまだ知らないの?
乳酸菌の摂取でインフルエンザを予防しよう!インフルエンザに効果がある乳酸菌をお伝えいたします。
歯周病に効果のある乳酸菌
歯槽膿漏をはじめとした歯周病に効果のある乳酸菌について綴ります。
乳酸菌を使った産み分け方法をまだ知らないの?
今、乳酸菌の力によって産み分けを行なうという方法が注目されています。
乳酸菌を摂取して副作用はあるのか?
腸の調子を整える乳酸菌を毎日摂取した場合、副作用はあるのでしょうか?
自家製乳酸菌の作り方
自家製乳酸菌を作る方法ならびに食物性乳酸菌ヨーグルトの作り方をお伝えいたします。
乳酸菌はダイエットのつよ〜い味方!
乳酸菌で痩せる?乳酸菌でダイエットまでできるのでしょうか?
花粉症の症状を改善する乳酸菌をまだ知らないの?
花粉症対策に最適な乳酸菌「KW乳酸菌」の効果と特徴についてお伝えいたします。
ヤクルト菌の効果
乳酸菌シロタ株、別名「ヤクルト菌」とも言いますが、その効果と特徴について綴ります。
掌蹠膿疱症に乳酸菌は危険?!
乳酸菌は身体に良いとされていますが、掌蹠膿疱症の症状が発症する場合は、乳酸菌の摂取を控え、他の善玉菌(酪酸菌)の摂取をする必要があります。
万能型乳酸菌l-55乳酸菌のすご〜い効果
l-55乳酸菌、正式名称は、「ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株」の効果についてお伝えいたします。
LB81乳酸菌の効果〜美肌効果が凄い乳酸菌
便秘知らずの健康的な身体と老化防止と美肌効果。美しく、いつまでも若々しく、健康的いるための、効果を持つ乳酸菌。それがLB81乳酸菌です。
LG21乳酸菌の効果
最悪、胃がんにも成り得る可能性を持つ危険な細菌「ピロリ菌」抑制効果を持つ、お腹に優しい乳酸菌「LG21乳酸菌」の効果について説明します。
乳酸菌を摂取し、血管新生による失明のリスクを排除する
血管新生は、失明の症状を起こす原因にもなります。では、どうやってその危険性を排除すればいいのでしょうか?乳酸菌との関連で言及します。
N-1乳酸菌の驚くべき効果とは?
整腸作用以外にも人体に有効な乳酸菌「N-1乳酸菌」 その驚くべき効果とは一体?!
クレモリス菌の効果を今すぐチェック!
クレモリス菌には通常の乳酸菌が持つ整腸作用に加えて、アトピー改善、血糖値抑制などさまざまな効能が期待できます。
L29乳酸菌の効果〜「整腸作用」「アレルギー症状緩和」
整腸作用、アレルギー症状緩和が期待できるL29乳酸菌の効果について説明します。
善玉菌を増やす2つの方法(プロバイオティクス/プレバイオティクス)
善玉菌を増やす方法には2通りあります。一つがプロバイオティクスという方法。もう一つがプレバイオティクスという方法です。
殺菌乳酸菌の効果|死んでいても、生きた乳酸菌と同様の効果
最近の研究によると殺菌された乳酸菌でも、善玉菌のエサになり、腸内環境が整われていくという事が解ってきました。