N-1乳酸菌の効果

 

「プロバイオティクス」という概念が定義付けられてから、約25年近く経過しました。

プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える微生物、それらを含む製品の事を指します。
「乳酸菌」もプロバイオティクスの一つです。

 

乳酸菌は、腸の調子を整えたり、アレルギー症状を緩和したり、老化防止の効果を発揮したり、
がん予防にも良い影響を与えたりと、人体に対して有効な効果、効能を持つ細菌です。

 

この乳酸菌が身体に良いと分かってから、大手の飲料メーカーや、医療研究機関が、
様々な開発に乗り出し、今や1000種類以上の乳酸菌が発見され、今もなお研究が続けられています。

 

今回は、信州大学名誉教授の細野明義教授と、社会法人全国農協乳業協会の
共同研究で発見、開発されたプロバイオティクスの乳酸菌「N-1乳酸菌」についてお伝えしていきたいと思います。

 

整腸作用以外にも人体に有効な乳酸菌「N-1乳酸菌」 

N-1乳酸菌の正式名称は、「ラクトバチルス・カゼイ・N−1株」と呼びます。

 

胃酸に強く、生きたまま腸まで届き、腸内の善玉菌を増殖させ、悪玉菌の増殖も抑制し、
腸内環境を整える効果を持ちます。
胃酸に溶けること無く、胃や小腸に付着し生存しつづけるため、腸内でも増殖していきます。

 

また、特筆するべきは、その乳酸菌の数です。

 

他の乳酸菌が1ccに1〜3億個という数値に対し、
N-1乳酸菌は1ccに13億個という数の乳酸菌が含まれており、腸内の活性化に非常に効果的です。

 

腸内代謝を高めることで、腸の腐敗産物の減少や、糞便の脱臭にも効果を持ちます。

また、腸内の腫瘍化(ガン化)を促進する物質との結合性が高く、体内に吸収されるのを防いで、
N-1乳酸菌と結合し、速やかに便として排泄されるため腫瘍になりにくいという、がん予防の効果もあります。

 

さらに、コレステロール値を低下させる作用も持つため、
血中のコレステロール値を下げ、血液中の脂肪分を正常に保ちます。

 

N-1乳酸菌の効果

生きて腸まで届き、胃や小腸に付着して生存し続ける。

N-1乳酸菌は、胃酸に強く、死滅すること無く、生きて腸まで届きます。
また1ccに13億個という非常に沢山の乳酸菌が摂取できるため、腸内整腸にも効果的です。

 

腸内代謝が高められ、便の脱臭にも効果を持つ。

腸内の腐敗産物が減少することで、排泄される便が、普段の便よりも脱臭されている傾向があります。

 

発ガン性物質の吸収を防ぐ。

腸内の腫瘍を促進する発ガン性の物質と結合し、体内に吸収されるのを防ぎます。

 

血中コレステロール値の増加を防ぐ。

血中コレステロール値を低下させる作用を持ち、高血圧、高脂質、動脈硬化、メタボリックシンドロームといった、
生活習慣病の予防にも最適です。

 

以上の4つが、N-1乳酸菌の効果になります。
整腸作用だけとっても、生きて腸まで届き、1ccに13億個という数の乳酸菌が摂取できるため、
腸内に対して有効な効果を発揮します。

 

加えて、排泄した便の脱臭効果、発がん性物質の吸収抑止、コレステロール値の低下など、
人体に対して様々な有効な効果を持つ乳酸菌とも言えます。

関連ページ

善玉菌と悪玉菌の種類
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などが住みついております。善玉菌とは?悪玉菌とは?腸内に生息する菌の種類を説明します。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合※理想は?
私たち人間の腸内には、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しています。割合的な理想を説明します。
腸内環境を整える薬
まずは手っ取り早くお薬でという方に、腸内環境を整えるお薬をご紹介します。
腸内環境を整える漢方をまだ知らないの?
悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるのに適した漢方薬を紹介します。
おならが臭いのは危険信号!乳酸菌で改善しよう!
最近おならの臭いが酷い!おならの回数が増えた気がするという方は要注意です!それは腸内環境が悪化している証拠です。
ビフィズス菌の効果的な増やし方
善玉菌の代表であるビフィズス菌を効果的に増やす方法をお伝えいたします。
ガンの治療にも利用されているR-1乳酸菌とは
他の免疫細胞と比べて外敵を攻撃する効果も高く、ガンの治療にも利用されているというR-1乳酸菌の効果について綴ります。
インフルエンザに効果がある乳酸菌をまだ知らないの?
乳酸菌の摂取でインフルエンザを予防しよう!インフルエンザに効果がある乳酸菌をお伝えいたします。
歯周病に効果のある乳酸菌
歯槽膿漏をはじめとした歯周病に効果のある乳酸菌について綴ります。
乳酸菌を使った産み分け方法をまだ知らないの?
今、乳酸菌の力によって産み分けを行なうという方法が注目されています。
乳酸菌を摂取して副作用はあるのか?
腸の調子を整える乳酸菌を毎日摂取した場合、副作用はあるのでしょうか?
自家製乳酸菌の作り方
自家製乳酸菌を作る方法ならびに食物性乳酸菌ヨーグルトの作り方をお伝えいたします。
乳酸菌はダイエットのつよ〜い味方!
乳酸菌で痩せる?乳酸菌でダイエットまでできるのでしょうか?
花粉症の症状を改善する乳酸菌をまだ知らないの?
花粉症対策に最適な乳酸菌「KW乳酸菌」の効果と特徴についてお伝えいたします。
ヤクルト菌の効果
乳酸菌シロタ株、別名「ヤクルト菌」とも言いますが、その効果と特徴について綴ります。
掌蹠膿疱症に乳酸菌は危険?!
乳酸菌は身体に良いとされていますが、掌蹠膿疱症の症状が発症する場合は、乳酸菌の摂取を控え、他の善玉菌(酪酸菌)の摂取をする必要があります。
万能型乳酸菌l-55乳酸菌のすご〜い効果
l-55乳酸菌、正式名称は、「ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株」の効果についてお伝えいたします。
LB81乳酸菌の効果〜美肌効果が凄い乳酸菌
便秘知らずの健康的な身体と老化防止と美肌効果。美しく、いつまでも若々しく、健康的いるための、効果を持つ乳酸菌。それがLB81乳酸菌です。
LG21乳酸菌の効果
最悪、胃がんにも成り得る可能性を持つ危険な細菌「ピロリ菌」抑制効果を持つ、お腹に優しい乳酸菌「LG21乳酸菌」の効果について説明します。
乳酸菌を摂取し、血管新生による失明のリスクを排除する
血管新生は、失明の症状を起こす原因にもなります。では、どうやってその危険性を排除すればいいのでしょうか?乳酸菌との関連で言及します。
クレモリス菌の効果を今すぐチェック!
クレモリス菌には通常の乳酸菌が持つ整腸作用に加えて、アトピー改善、血糖値抑制などさまざまな効能が期待できます。
膀胱炎の治療に乳酸菌の摂取を〜膀胱炎に掛からない体質に〜
乳酸菌を摂取する事で、腸内の細菌を善玉菌で満たし、悪玉菌の絶対数を減らすことで、膀胱炎に感染する事自体を防ぐことが出来ます。
L29乳酸菌の効果〜「整腸作用」「アレルギー症状緩和」
整腸作用、アレルギー症状緩和が期待できるL29乳酸菌の効果について説明します。
善玉菌を増やす2つの方法(プロバイオティクス/プレバイオティクス)
善玉菌を増やす方法には2通りあります。一つがプロバイオティクスという方法。もう一つがプレバイオティクスという方法です。
殺菌乳酸菌の効果|死んでいても、生きた乳酸菌と同様の効果
最近の研究によると殺菌された乳酸菌でも、善玉菌のエサになり、腸内環境が整われていくという事が解ってきました。