乳酸菌を使った産み分け方法

今、乳酸菌のちからによって産み分けを行なうという方法が注目されています。

 

女の子を授かりたいと願う場合、ピンクゼリーという製品を用いて膣内環境を科学的に酸性にすることで、その希望を叶える確率を高めるという方法が一般的でした。

 

しかしながら、これは性交直前にお湯につけて溶かし、さらにそれを注射器で膣内に注入するという手間がかかっていました。

 

一方、乳酸菌を用いての産み分け方法は、自然の力を借りて膣内環境を酸性にするというものなので、ピンクゼリーのような手間を必要としません。もともと膣内には多くの乳酸菌が存在しており、この乳酸菌のおかげで膣内が酸性に維持されています。

 

ところが乳酸菌が減少すると悪玉菌が成長し、細菌性膣炎やカンジダ症を発症しやすくなり、そのうえ女の子が授かりにくい状況になってしまいます。そこで、乳酸菌を活用し、膣内環境を酸性に保つのです。

 

方法としては、膣内投与と経口投与の2つがあり、膣内投与は即効性があるとされています。ですので、投与開始時はまず膣内投与で膣内環境を素早く整え、かつ内服することによりこの状態を維持する方法が推奨されています。

 

こうして男女の産み分けは可能となります。現在、日本では倫理的な観点から医学的な産み分けを禁止されています。しかしながら、昔からの経験談やアドバイスを組み合わせれば、少しでも産み分けの確率を高めることは可能です。乳酸菌を使った産み分け、身体に害のあるものでもないので、うまく活用していけたらいいと思いませんか。


意外とすごい、ヤクルト菌の効果

ヤクルトって乳酸菌飲料は皆さんご存じですよね?定期的に配達されるタイプのものから、スーパーや自販機で買えるところもあります。ではそのヤクルトにヤクルト菌という乳酸菌が含まれていることはご存知でしたか?

 

「そのままじゃん。」と思った方はその通りです。
実はこのヤクルト、ヤクルト菌が主成分だからそのまま呼び名になったのです。

 

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトやビフィズス菌なんかを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はこのヤクルト菌もなかなか優れた乳酸菌なのです。
そもそもヤクルト菌は人の手によって強化された乳酸菌です。

 

多くの乳酸菌が胃酸や胆汁に殺菌されるか、吸収されて腸まで届かないのに対して、このヤクルト菌はきちんと腸まで届いて働くように強化されています。

 

このヤクルト菌の主な効能は悪玉菌の増殖抑止と、整腸作用です。

 

特にガンや免疫力低下につながる悪玉菌の増殖抑止は他の乳酸菌よりもずっと強力で、ヤクルトを飲んでいると健康になるというのも当然なのです。

 

また、人工的に強化されているとはいえ、乳酸菌ですので、副作用や身体に対して悪い影響は全くありません。多少飲み過ぎると下痢になる可能性はありますが、適量を飲んでいれば全く問題ありません。

 

風邪予防に何かしたり、サプリメントを飲む前に、まずヤクルトから初めて見てはいかがでしょうか?安くて意外と効果がありますよ。


関連ページ

善玉菌と悪玉菌の種類
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などが住みついております。善玉菌とは?悪玉菌とは?腸内に生息する菌の種類を説明します。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合※理想は?
私たち人間の腸内には、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しています。割合的な理想を説明します。
腸内環境を整える薬
まずは手っ取り早くお薬でという方に、腸内環境を整えるお薬をご紹介します。
腸内環境を整える漢方をまだ知らないの?
悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるのに適した漢方薬を紹介します。
おならが臭いのは危険信号!乳酸菌で改善しよう!
最近おならの臭いが酷い!おならの回数が増えた気がするという方は要注意です!それは腸内環境が悪化している証拠です。
ビフィズス菌の効果的な増やし方
善玉菌の代表であるビフィズス菌を効果的に増やす方法をお伝えいたします。
ガンの治療にも利用されているR-1乳酸菌とは
他の免疫細胞と比べて外敵を攻撃する効果も高く、ガンの治療にも利用されているというR-1乳酸菌の効果について綴ります。
インフルエンザに効果がある乳酸菌をまだ知らないの?
乳酸菌の摂取でインフルエンザを予防しよう!インフルエンザに効果がある乳酸菌をお伝えいたします。
歯周病に効果のある乳酸菌
歯槽膿漏をはじめとした歯周病に効果のある乳酸菌について綴ります。
乳酸菌を摂取して副作用はあるのか?
腸の調子を整える乳酸菌を毎日摂取した場合、副作用はあるのでしょうか?
自家製乳酸菌の作り方
自家製乳酸菌を作る方法ならびに食物性乳酸菌ヨーグルトの作り方をお伝えいたします。
乳酸菌はダイエットのつよ〜い味方!
乳酸菌で痩せる?乳酸菌でダイエットまでできるのでしょうか?
花粉症の症状を改善する乳酸菌をまだ知らないの?
花粉症対策に最適な乳酸菌「KW乳酸菌」の効果と特徴についてお伝えいたします。
ヤクルト菌の効果
乳酸菌シロタ株、別名「ヤクルト菌」とも言いますが、その効果と特徴について綴ります。
掌蹠膿疱症に乳酸菌は危険?!
乳酸菌は身体に良いとされていますが、掌蹠膿疱症の症状が発症する場合は、乳酸菌の摂取を控え、他の善玉菌(酪酸菌)の摂取をする必要があります。
万能型乳酸菌l-55乳酸菌のすご〜い効果
l-55乳酸菌、正式名称は、「ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株」の効果についてお伝えいたします。
LB81乳酸菌の効果〜美肌効果が凄い乳酸菌
便秘知らずの健康的な身体と老化防止と美肌効果。美しく、いつまでも若々しく、健康的いるための、効果を持つ乳酸菌。それがLB81乳酸菌です。
LG21乳酸菌の効果
最悪、胃がんにも成り得る可能性を持つ危険な細菌「ピロリ菌」抑制効果を持つ、お腹に優しい乳酸菌「LG21乳酸菌」の効果について説明します。
乳酸菌を摂取し、血管新生による失明のリスクを排除する
血管新生は、失明の症状を起こす原因にもなります。では、どうやってその危険性を排除すればいいのでしょうか?乳酸菌との関連で言及します。
N-1乳酸菌の驚くべき効果とは?
整腸作用以外にも人体に有効な乳酸菌「N-1乳酸菌」 その驚くべき効果とは一体?!
クレモリス菌の効果を今すぐチェック!
クレモリス菌には通常の乳酸菌が持つ整腸作用に加えて、アトピー改善、血糖値抑制などさまざまな効能が期待できます。
膀胱炎の治療に乳酸菌の摂取を〜膀胱炎に掛からない体質に〜
乳酸菌を摂取する事で、腸内の細菌を善玉菌で満たし、悪玉菌の絶対数を減らすことで、膀胱炎に感染する事自体を防ぐことが出来ます。
L29乳酸菌の効果〜「整腸作用」「アレルギー症状緩和」
整腸作用、アレルギー症状緩和が期待できるL29乳酸菌の効果について説明します。
善玉菌を増やす2つの方法(プロバイオティクス/プレバイオティクス)
善玉菌を増やす方法には2通りあります。一つがプロバイオティクスという方法。もう一つがプレバイオティクスという方法です。
殺菌乳酸菌の効果|死んでいても、生きた乳酸菌と同様の効果
最近の研究によると殺菌された乳酸菌でも、善玉菌のエサになり、腸内環境が整われていくという事が解ってきました。