乳酸菌と腸内環境の豆知識

乳酸菌に関するマメ知識と腸内環境を整える方法について綴ります。

乳酸菌と腸内環境のコラム記事一覧

人間の腸内には約100〜200種類の細菌がおよそ100兆個も存在しています。腸内細菌の種類は人によってまちまちですが、大きく分けると善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類に分類することができます。このうち、腸内の健康を左右しているのが善玉菌と悪玉菌です。善玉菌まず善玉菌とは、腸内を酸性の状態に保つ作用のある細菌のことで、別名プロバイオティクスとも呼ばれています。善玉菌には免疫力を高めて外部から侵入する有...

私たち人間の腸内には、大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しています。このうち、善玉菌や腸内環境を整え、免疫力を高める細菌として悪玉菌は腸内を腐敗させ、便秘や下痢を引き起こす原因になる細菌として知られています。最後の日和見菌は善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さない細菌のことで、無毒株の大腸菌や連鎖球菌、バクテロイデスなどが代表的なものとして挙げられます。これら3つの細菌の割合...

悪玉菌は乱れた生活習慣が原因で増殖することが多いため、基本的には食生活を見直したり、生活リズムを整えると減少する傾向にあります。ただ、悪玉菌による便秘や下痢などの症状に悩んでいる場合は、腸内環境を整える整腸薬を活用するのもひとつの方法です。整腸薬とは、その名の通り、腸の調子を整える薬のこと。赤痢菌やコレラ菌などの病原菌を撃退する抗生物質のような作用はありませんが、整腸作用のある成分や素材が配合され...

漢方薬は中国で数千年の歴史を誇る伝統医学であり、日本でも独自に発展させた漢方医学の理論に基づいた処方が行われています。漢方薬は調合する素材や分量によって様々な効能を期待することができ、中には腸内環境を整えるはたらきをもつ漢方薬も存在します。特に近年は、腸内環境が悪化していると漢方薬の体内吸収率も悪くなるという考えから、整腸剤と一緒に漢方薬を併用するケースも増えています。ここでは、悪玉菌によって悪化...

最近おならの臭いが酷い!おならの回数が増えた気がするという方は要注意です!それは腸内環境が悪化しているのかもしれません。便秘や軟便、下痢だけが関係しているのではなく、おならも重要な腸内のSOS信号なのです。たかが腸内環境と侮ってはいけません。腸内環境の乱れは身体全体の不調へとつながりかねないのです。では、腸内環境を改善するにはどうすればいいか?市販の整腸剤などに頼る手もありますが、なるべく副作用の...

「ビフィズス菌」という名前は聞いたことがありますよね?腸内にいる善玉菌の代表です。腸内にいは悪玉菌と善玉菌がいますが、どちらが多い方がいいのかなんて誰でもわかりますよね?このビフィズス菌は多ければ多いほど、便秘になりにくく、免疫力向上や、美肌効果まで期待できます。じゃあビフィズス菌を増やすにはどうしたらいいかご存知ですか?手っ取り早いのが口から摂取する方法です。真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトです...

人がそれぞれ見た目も性格も大きく違うように、乳酸菌だって、種類が違えば役立つ環境も働きも大きく違います。ここでは、この頃、テレビCMでもよく取り上げられているR-1乳酸菌について説明してみます。乳酸菌にはお腹の調子を良くして便通を改善したり、ニキビや肌荒れを防いだりといった効果があります。R-1乳酸菌も当然こうした働きがあります。しかしながら、R-1がここまでクローズアップされて大々的に売り出され...

「インフルエンザ」とは「インフルエンザウィルス」を病原体とした流行性の感染症の一つです。日本などの温帯性の地域では、ほぼ冬の時期に流行し、毎年のように疾患にかかる人が見受けられます。予防法、治療法としては、まずは、インフルエンザワクチンの摂取、次に、抗インフルエンザ薬というインフルエンザウィルスの増殖を抑える薬を摂取して治療するという方法があります。上記のような対処方法もありますが、そもそもインフ...

ヨーグルト、漬物などの発酵食品に多く含まれている乳酸菌ですが、乳酸菌にも色々な種類があり、様々な異なる働きを持っています。そんな乳酸菌の1つである乳酸菌LS1は、歯周病に有効であるという研究結果が出ています。私達の口の中には非常に多くの菌が生息しており、その種類は600から700種類といわれています。その中には多くの乳酸菌が含まれ、虫歯の原因となる乳酸菌もあります。乳酸菌LS1は、そんな私達の口の...

今、乳酸菌のちからによって産み分けを行なうという方法が注目されています。女の子を授かりたいと願う場合、ピンクゼリーという製品を用いて膣内環境を科学的に酸性にすることで、その希望を叶える確率を高めるという方法が一般的でした。しかしながら、これは性交直前にお湯につけて溶かし、さらにそれを注射器で膣内に注入するという手間がかかっていました。一方、乳酸菌を用いての産み分け方法は、自然の力を借りて膣内環境を...

腸の調子を整える乳酸菌を毎日摂取した場合、副作用はあるのでしょうか?私もそうですが、「今まで副作用のことなんて考えずにヨーグルトなどを食べていた」という人がほとんどではないでしょうか。私は毎日ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しているのですが、体調が悪いのか食べすぎたのかお腹を壊してしまったので、乳酸菌の副作用について気になり、調べてみました。すると、お腹の調子が悪くなったのは、乳酸菌の副作用ではない...

ヨーグルトや漬け物などに含まれる乳酸菌はからだをコントロールしてくれると人気ですが、実は自宅で作れてしまうということをご存知ですか?ここでは「玄米」を使った方法を紹介します。用意するものは、玄米1合〜2合、水500cc、砂糖大さじ1、塩小さじ1のみです。玄米はできるだけ新しいものを、できれば無農薬のものが望ましいでしょう。水は塩素分のない物がいいので、1晩くみ置きしたものを使いましょう。砂糖は黒糖...

女性の多くが経験のあるダイエット。食事制限に、運動、サプリメントなど今でもダイエットをしている女性は多くいらっしゃいます。しかし、無理な食事制限で身体を壊してしまったり、過度な運動によりヒザや腰を痛めてしまう方もいて、ダイエットをするのはなかなか難しいものです。食事制限は一番痩せやすい方法ではありますが、一生食事に気をつけていなければリバウンドしてしまいます。ダイエットをしている(する予定)の人は...

乳酸菌は細菌の一種です。乳酸菌を一言で言うと、「糖を分解することで乳酸を生成し、 エネルギーを作り出す細菌」の事を指します。乳酸菌は、人の体内に寄生し、人にとって良い働きをする細菌です。そんな乳酸菌ですが、1000種類を超える数があると言われています。今回は数ある乳酸菌の中から、「KW乳酸菌」の効果をお伝えしていきたいと思います。花粉症の症状を改善する乳酸菌「KW乳酸菌」KW乳酸菌は、大手飲料メー...

「乳酸菌シロタ株」別名「ヤクルト菌」とも言いますが、おそらく「シロタ株」という名前よりも「ヤクルト菌」の名前のほうが聞いたことが多いのかもしれません。乳酸菌シロタ株は、乳酸菌飲料ヤクルトに配合されているからです。では、何故ヤクルトに配合されているかと言いますと、ヤクルト社の実質的創始者、代田 稔(しろた みのる)博士が開発した乳酸菌だからです。それが乳酸菌シロタ株というわけです。(正式名称はラクト...

掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)聞きなれない病名かと思います。この病は、原因不明の病とされ、難病の一つとされています。症状としては、皮膚疾患の一種で、手のひらや足の裏に膿(うみ)が現れる病気です。また、脛や膝にも同じ症状が出ることがあります。水ぶくれのような症状が、手のひらや足の裏に発生し、次第に膿を生み出し、膿疱(ほうのう)と呼ばれる膿が溜まった塊へと変化していきます。そして周期的に改善と...

腸内の作用を整える効果を持つ細菌。「乳酸菌」この乳酸菌ですが沢山の種類があり、効果、効能、特徴はピンからキリまであります。乳酸菌が身体に良いことが発見されてからか、大手飲料メーカーや医薬品メーカーがこぞって研究開発を始め、今では乳酸菌の種類は1000種類を超えるとまで言われています。その数ある乳酸菌の中から、今回はオハヨー乳業が発見した、l-55乳酸菌についてお話していきたいと思います。万能型の乳...

乳酸菌が身体に良いことが分かってから、多くの大手医療メーカーや飲料メーカーが、こぞって研究開発や共同開発を行ってきました。その結果、1000種類以上もの、人体に対して非常に有効で効果のある乳酸菌が発見され、今では、コンビニやスーパーで、手軽に購入できる値段で販売されています。この記事では、そんな数ある乳酸菌をピックアップして、効果、効能についてお伝えしていきたいと思います。「明治ブルガリアヨーグル...

「ラクトバチルス・ガッセリ・OLL2716株」通称LG21乳酸菌。この乳酸菌は、明治乳業、わかもと製薬、東海大学医学部感染症学部門・古賀教授が共同で発見、開発した乳酸菌です。LG21乳酸菌は、「明治プロビオヨーグルトLG21」という名称で、各スーパーやコンビニなどで販売されています。今回はこの「LG21乳酸菌」について、お伝えしていきます。ピロリ菌抑制効果を持つ、お腹に優しい乳酸菌「LG21乳酸菌...

乳酸菌生成物質の摂取、乳酸菌液の点眼「血管新生」(けっかんしんせい)元々ある血管から新しい血管が作り出され、血管のネットワークが形成される現象の事を言います。生理現象の一種で、怪我をした時に傷口が自然治癒する際に、このような現象が発生します。普段は、怪我をした時以外は、血管新生は起こりませんが、この血管新生は、失明の症状を起こす原因にもなります。例えば、長時間コンタクトレンズをしていると、角膜が酸...

「プロバイオティクス」という概念が定義付けられてから、約25年近く経過しました。プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える微生物、それらを含む製品の事を指します。「乳酸菌」もプロバイオティクスの一つです。乳酸菌は、腸の調子を整えたり、アレルギー症状を緩和したり、老化防止の効果を発揮したり、がん予防にも良い影響を与えたりと、人体に対して有効な効果、効能を持つ細菌です。この乳酸菌が身体に良いと分か...

カスピ海ヨーグルトこのヨーグルトの名前はご存知でしょうか。京都大学名誉教授の家森幸男氏が、、疫学研究を行っていた時に、世界有数の長寿地域であるヨーロッパ東部のコーカサス地方から持ち帰ったことから、広まったヨーグルトです。長寿地域で好んで食されるヨーグルトであり、かつ、自宅でも手軽に簡単に作れるヨーグルトとして、「長寿」「老化防止」をキーワードに、大ヒットしたヨーグルトでもあります。どれぐらいお手軽...

膀胱炎とは細菌性の感染症で、膀胱に炎症を起こした症状の事を言います。身体の構造上、女性が疾患することが多いとされ、女性の5人に1人は膀胱炎という報告があります。また、再発しやすい病ということでも知られています。症状としては以下の症状があります。トイレに行く回数が増える排尿してもスッキリせず、残尿感が残る尿が白く濁る血尿が出る排尿後に膀胱に痛みが出るまた、膀胱炎が発症する要因としては以下があります。...

乳酸菌は、明治乳業、キリン、オハヨー乳業、農協、ヤクルトetc..といった、大手企業の飲料品メーカーや、医療機関との共同開発により、様々な効果を持つ乳酸菌が発見されてきました。乳酸菌は人体に対して、非常に有効な効果を持っています。共通して言えるのは「整腸作用」が挙げられます。腸内に乳酸菌を送り届けることで、腸内の善玉菌を繁殖させて、腸内の健康状態を整え、便通の促進、消化吸収力の強化、免疫力強化など...

便秘には善玉菌が必要。よく言われている言葉ですね。この善玉菌、腸内環境をよくしてくれることはわかっていても、いったいなぜ便秘を解消してくれるのでしょう?そこで今回は、善玉菌を増やす2つの方法についてご紹介しようと思います。プロバイオティクスとプレバイオティクスについて最近よく耳にするプロバイオティクスとプレバイオティクスですが、意味がいま一つわからないですね。簡単に説明するとプロバイオティクス→善...

「生きて腸まで届く」が、キャッチフレーズにもなっている乳酸菌。この乳酸菌ですが、腸の調子を整えることで、便秘の改善や、花粉症などのアレルギー症状を緩和したり、病気に対する免疫力を高めたり、腸の老化を防いだりと、健康維持、老化防止といった、人の身体に対して非常に有効な効果を持っています。乳酸菌摂取のメカニズムを簡単に説明しますと、乳酸菌を「生きて腸まで」届かせて、腸内の善玉菌を更に増やして腸の環境を...