悪玉菌を減らすヨーグルト

悪玉菌を減らす食材として最も有名なのがヨーグルトです。
ヨーグルトには、善玉菌を含む乳酸菌がたっぷり含まれており、
増えすぎた悪玉菌を減らして
腸内環境を整えるはたらきが期待されています。

 

ただ、ひと言にヨーグルトと言っても、含まれている菌は
商品によって千差万別で、
それぞれ期待できる効能も異なります。

 

以下では、日本で販売されているヨーグルトに含まれる主要な乳酸菌をまとめてみました。


BB536菌

 

生きたまま大腸に届くビフィズス菌です。世界30ヶ国以上で利用されているポピュラーな菌類で、整腸作用のほか、コレステロール低下作用なども期待されています。

 

ガセリ菌SP株

 

胃酸や胆汁酸に耐性があり、生きたまま腸に到達することができます。
日本人由来の乳酸菌であるため、日本人との相性が良く、腸内環境改善のほか、免疫力を活性化するはたらきがあります。
また、ガセリ菌は脂肪吸収や代謝にかかわる小腸に存在する菌であることから、内臓脂肪の筑西を抑える作用もあります。

 

ビフィズス菌SP株

 

大腸にすんでいる代表的な善玉菌です。生きて腸に届き、長くとどまる性質を持っており、腸を整えるはたらきや免疫力の活性、ストレス軽減効果などが期待できます。

 

乳酸菌シロタ株

 

ヤクルトの創始者が発見したことで知られる乳酸菌です。
生きたまま腸内に届き、ビフィズス菌を増やして悪玉菌による毒素の生成を抑えるはたらきがあります。

 

他にもたくさんの種類の乳酸菌が存在しており、それぞれに特徴がありますが、
重要なのは自分の腸内環境に合った菌類を含むヨーグルトを選ぶことです。

 

腸内環境は個人差が大きく、相性の良い乳酸菌も人によって異なることから、
いろいろな商品を試してみて、自分にぴったり合うヨーグルトを探してみましょう。

 

具体的には、まず1つのヨーグルトを1週間、毎日200〜250グラムずつ食べてみて、
便秘や下痢の解消に効果があったかどうかをチェックすると、
相性の良い菌とヨーグルトを見分けることができます。

 


関連ページ

悪玉菌を減らす食べ物
悪玉菌を減らす食べ物についてお伝えいたします。
悪玉菌を減らすレシピ
悪玉菌を減らすレシピについてお伝えいたします。
悪玉菌を酵素で減らして便秘解消!
酵素が便秘に効くってホント?酵素で善玉菌を増やし悪玉菌を減らして便秘解消!
オリゴ糖で悪玉菌を減らす!
便秘解消にオリゴ糖を利用して悪玉菌を減らし、善玉菌を増やそう!