オリゴ糖で悪玉菌を減らす

悪玉菌による便秘解消法として近年注目を集めているのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖の「オリゴ」とはギリシャ語で「少ない」という意味で、
単糖類が2〜10個結合したものを指します。

 

さらに、単糖類の結合している数によって二糖類、三糖類、四糖類と分類されていますが、
いずれも人間の腸内に存在する善玉菌の一種「ビフィズス菌」の栄養素になるところが特徴。

 

オリゴ糖をエサにしたビフィズス菌は繁殖力が高まり、悪玉菌優位になった腸内環境を正常な状態に戻してくれます。

 

オリゴ糖はさまざまなものに含まれていますが、原料は野菜や果物、乳製品などの食材であるため、医薬品のような副作用を起こす心配がなく、毎日でも安心して利用できるところが魅力です。

 

ちなみに、オリゴ糖の種類は原料によって多種多様に存在しており、それぞれ特徴が異なります。

 

ラフィノース

ビート(甜菜)から抽出したオリゴ糖のことです。特定保健用食品(トクホ)の素材として厚生労働省に正式に認可されており、優れた整腸作用が期待できます。
また、胃や小腸で分解・吸収されにくいため、エネルギーになりにくく、ダイエットにも最適です。

 

フラクトオリゴ糖

たまねぎやごぼう、ニンニクなどの野菜類に含まれるオリゴ糖です。
ラフィノース同様、消化酵素によって分解されにくい性質を持っているため、低カロリー甘味料として多用されています。

 

ガラクトオリゴ糖

牛乳(乳糖)由来のオリゴ糖です。ビフィズス菌の増殖を促し、下痢や便秘などの症状を改善するはたらきがあります。
商品としてはテーブルシュガーや清涼飲料水、ヨーグルトなどに用いられています。

 

キシロオリゴ糖

タケノコやトウモロコシから抽出されるオリゴ糖です。
虫歯の原因となる酸の生成を抑えるはたらきがあり、近年は虫歯予防の甘味料として注目されています。
また、上白糖とほぼ同じ甘みをもつことから、ガムや歯磨き粉などに配合されます。

 

イソマルトオリゴ糖

味噌やしょうゆ、清酒などに含まれるオリゴ糖です。
ビフィズス菌を増やすはたらきがある上、防腐性に優れていることから、食品の保存性を高めるはたらきも期待できます。

 

大豆オリゴ糖

大豆由来のオリゴ糖です。
エネルギーはショ糖の約半分と少ない上、ビフィズス菌を増殖する作用があることから、ヘルシーな甘味料として親しまれています。

関連ページ

悪玉菌を減らす食べ物
悪玉菌を減らす食べ物についてお伝えいたします。
悪玉菌を減らすレシピ
悪玉菌を減らすレシピについてお伝えいたします。
悪玉菌を減らすヨーグルト
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすヨーグルトの種類をご紹介します。
悪玉菌を酵素で減らして便秘解消!
酵素が便秘に効くってホント?酵素で善玉菌を増やし悪玉菌を減らして便秘解消!