悪玉菌を減らす食べ物

悪玉菌が増える原因はいろいろありますが、中でも多くの割合を占めるのが食生活の乱れです。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎはもちろん、外食が多かったり、菓子やアルコールなどの嗜好品ばかりを摂取していると、悪玉菌優位の腸内環境になってしまいます。

 

食生活によって増えた悪玉菌は、食事内容を見直せば減らすことができるので、便秘や下痢などに悩まされている人は一度自分の食生活をチェックしてみましょう。

 

ここでは、悪玉菌の減少に有効な食べ物をいくつか紹介します。

 

酢、クエン酸

 

悪玉菌はアルカリ性の環境で活性化する性質を持っており、腸内がアルカリ性に傾いていると増殖しやすくなります。
逆に酸性の環境には耐性がないため、酢やクエン酸などを含む食べ物を摂取すると、アルカリ性に傾いた腸内環境が整い、悪玉菌の勢力を抑えることができます。
お酢は酢の物などの料理に利用できるほか、リンゴ酢や黒酢のドリンクなども販売されているので、毎日の食卓に積極的に取り入れてみましょう。
また、クエン酸は主にレモン汁や梅干しなど酸味の強いものに含まれています。

 

さつまいも

 

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれており、便通を改善して正常な腸内環境へと導いてくれます。
特にさつまいもを加熱することによって発生する「レジスタントスターチ」と呼ばれるデンプンには善玉菌を増やすはたらきがあり、悪玉菌を減らす効果が期待できます。

 

牛乳

 

牛乳に含まれる乳糖「ラクトース」は善玉菌のエサとなる物質で、悪玉菌の活性化を抑えることができます。

 

チーズ

 

チーズには乳酸菌や酵母がたくさん含まれており、腸内環境を整える乳酸菌の増加に役立ちます。

 

味噌汁

 

大豆を発酵させたみそには乳酸菌や酵母菌がたっぷり含まれており、善玉菌優位の腸内環境作りに適しています。
特に味噌汁はみそと一緒に野菜類やキノコ類を摂取できるので、食生活の改善にぴったりの食べ物と言えるでしょう。

 


関連ページ

悪玉菌を減らすレシピ
悪玉菌を減らすレシピについてお伝えいたします。
悪玉菌を減らすヨーグルト
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすヨーグルトの種類をご紹介します。
悪玉菌を酵素で減らして便秘解消!
酵素が便秘に効くってホント?酵素で善玉菌を増やし悪玉菌を減らして便秘解消!
オリゴ糖で悪玉菌を減らす!
便秘解消にオリゴ糖を利用して悪玉菌を減らし、善玉菌を増やそう!